ショック・ドクトリン

久しぶりに興奮する本に出会った。これまでに人間の本質に近づくことができたと感じた瞬間はいくつかあったが、この本はその瞬間をもう一つ増やしてくれるものだった。

この本は2006年から2007年ごろに記されたものを2011年に日本語に翻訳されて出版されたものである。今は2019年、この本が出版されてから10年以上経つが、この本の最後に述べられている市民の覚醒とフリードマン信者の衰退は限られており、ショック・ドクトリンはまだまだ有効であるように感じられる。それを一番端的に示すのは、トランプが米国の大統領であるという事実である。それについて論じた本も出ているので、次はこれを読みたい。

こうしている今も温暖化は進み、国家という枠組みを大きく超えた大惨事が起きつつある。フリードマン信者は次なる儲けの機会を虎視眈々と狙っている。私たちは、いかに衝撃的な事態が起きようと、いかに過激な表現に触れようと、常に冷静に目の前のこと以外のものを観察しなければならない。誰が何を決めようとしているのかを監視し続けなければならない。そして、私たちは立ち上がって声を上げなければいけない。衝撃で気を失っている場合ではないのである。過去にどのような衝撃がもたらされ、何が起きたのかを予め知ることで、衝撃に対する耐性を持つことができる。この本は、フリードマン信者の攻撃に対するワクチンのような存在である。

一つ思うのは、この本に対してフリードマン信者の反論はあったのだろうか、ということである。フリードマン信者が各国でしでかしてきた失敗の原因は、この本に書かれている通りなのだろうか。それとも別の原因があったのだろうか。それを検証することは困難だと思うが、だからと言って議論が不要だということではない。過去を知ることで同じ失敗を早期に見つけ、多様な主張を戦わせることで自分たちの進むべき道を選ぶことが必要なのだ。

この本を読んでいて、一つの映画を思い出していた。
「ザ・コーポレーション」
企業の行動を人間とみなして評価すると、法に従うこともせず感情もない、悪魔ですら逃げ出すような恐ろしい人物だということを示した映画であった。一人の人間でそこまで恐ろしい人物はなかなかいないだろう。そして通常の企業は、数人あるいは数十人の経営者で運営されている。つまり企業とは所詮は人の集団である。人間とは集団になると、悪魔ですら恐怖で逃げ出すような意思決定ができるものなのであろうか。集団になった時の人間というものが、次の自分の勉強対象になったような気がする。