ショック・ドクトリン

久しぶりに興奮する本に出会った。これまでに人間の本質に近づくことができたと感じた瞬間はいくつかあったが、この本はその瞬間をもう一つ増やしてくれるものだった。 この本は2006年から2007年ごろに記されたものを2011年 […]